15分で丸わかり!キンドル電子書籍出版副業で稼ぐ【2021年最新版】: WordとCanvaで不労所得を作る 15分で丸わかりシリーズ

15分で丸わかりシリーズ

私が、アマゾンキンドルで始めて電子書籍をセルフ出版(自費出版)したのは2018年でした。

その後、自分でキンドル本を出版していたことすら忘れかけてしまうくらい、完全放置してしまったのですが、
今年になってふとチェックしてみると、何も触っていなかったキンドル本なのに、毎月ちゃんと印税を稼いでくれていたのです。

数千円というわずかな金額ですが、完全な不労所得です。

そこから一気に電子書籍作成に熱が入り、これまでにすでに80冊近く出版してきました。

本書は、アマゾンキンドルで出版者としてのアカウントを取得し、
書籍原稿と表紙を作成、さらにキンドルから出版する手続きを、初心者にわかりやすくまとめたものです。

マイクロソフト社のワード(Word)と、無料で使えるCanvaというデザインツールを使った方法を紹介しています。
すでにワードを持っている人なら、無料で出版できます。

新型コロナウイルスの影響で自宅時間が増えた今、新しい副業の形として、
Amazon Kindleからの電子書籍出版は、試す価値のある稼ぎ方です!

目次:
はじめに
第一章 なぜ今、電子書籍?
 1.KDP(Kindle Direct publishing)について
 2.KDPから電子書籍を出版するメリット
 3.キンドル印税と収入
第二章 アマゾンKindleセルフ出版(KDP)にアカウント登録する
 1.KDPアカウント登録
 2.著者・出版社情報の入力
 3.支払いの受け取り方法の入力
 4.税に関する情報の入力
第三章 電子書籍作成から入稿まで
 1.テーマとタイトル、ペルソナを決める
 2.構成(目次項目)を決める
 3.執筆する
 4.目次を作る
 5.表紙を作る
 6.KDPに書籍を登録する
第四章 電子書籍をどう売るか
 著者ページを作る
 ブログやSNSで宣伝する
 無料キャンペーン、あるいは広告を出す
 売れない5つの原因を改善する
おわりに


15分で丸わかり!キンドル電子書籍出版副業で稼ぐ【2021年最新版】: WordとCanvaで不労所得を作る 15分で丸わかりシリーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました