副業ウェブライターで稼ぐ!確実に仕事を取るための案件別マニュアル

著書

現在、初心者ライター、未経験ライターは飽和状態にあり、供給が需要を上回っています。

ライターは経験がなくても資格がなくても始められる副業です。
しかし、だからこそライバルの数も膨大です。

特に新型コロナウイルス以降、在宅ワークで副業したいという人口が増え、未経験ライターの数は一気に膨れ上がりました。
どんなに報酬額が低い案件であっても、応募してくるライターはいるのです。

ウェブライターとして仕事をするには、まず案件に採用されなくては始まりません。
初心者ライターの悩みはここから始まります―――「応募しても、ぜんぜん採用されない…」。

あなたが応募しても採用されないのには、理由があります。

私は、2014年から本格的にフリーランスライターとして活動しています。

最初はウェブライターとして仕事を受けていましたが、そのうち自分でブログを運営したり電子書籍を出版したりするようになりました。
そうしているうちに、自分でライティングを行うだけでは追いつかなくなり、ライターさんに文章作成を外注することもあります。

今までライターとして仕事を受注していたクラウドソーシングで、今後は自分がクライアントとなってライティングを発注するようになったのです。

そうしたとき、気がついたのは、初心者ライターさんの中には
「この人は、ぜったい採用されないだろうなぁ」
という方がいるということです。

あるいは、一度は採用したものの、やり取りや成果物を見て
「もう二度と発注したくない」
というライターさんもいました。

そのようなライターさんには共通点があります。

本書は、初心者ライターが本当にちゃんと稼げるようになるために、役立つアイデアをまとめたものです。

・あなたが採用されない理由と継続依頼されない理由
・ブログ記事作成の具体的な方法
・リライトのやり方とコピペ率を下げる方法
・電子書籍原稿作成案件に採用される応募メッセージの書き方
・ワードプレスへの入稿方法
など。

私がクライアントとして初心者ライターさんを見てきたうえで、どんな応募文を書けば採用されやすいのか、
また、ウェブライターとして、具体的なライティング案件ごとに知っておくと便利なノウハウと知識をまとめています。

「ウェブライターとして登録したのに、応募しても採用されない」
「採用されたけど、継続依頼に結び付かない」
「ライター登録したけど稼げないし、もうやめてしまおうかな…」

こんな人に役立つ本になっています。

確実に採用され、副業ウェブライターとして毎月一定金額を稼ぐために、ぜひ活用してみてください!


目次:
はじめに
第一章 あなたが採用されない3つの理由
 採用される応募文の書き方とテンプレート
 プロフィールと評価が採否を分けるケース
 報酬金額にこだわり過ぎると永遠に採用されない
 私が一度採用したライターに継続依頼しない理由
第二章 ライティング案件別具体的マニュアル
 1.ブログ記事作成で稼ぐ
  SEOライティングについて
  キーワードを自然に盛り込むテクニック
  キーワードからリサーチして記事を書く
  ブログ記事作成の構成テンプレート
  スマホユーザーを意識したライティング
  ブログ記事作成案件のメリットとデメリット
 2.リライトで稼ぐ
  リライト案件のメリットとデメリット
  リライトの具体的な方法と手順
  CopyContentDetectorを使って一致率(コピぺ率)を下げる方法
  上手にリライトをするためのコツ
 【コラム】YouTube動画に関連するリライト案件が増えています
 3.電子書籍原稿執筆で稼ぐ
  電子書籍原稿執筆のメリットとデメリット
  採用されるための応募方法
  電子書籍原稿作成の具体的方法
 4.ウェブライターのためのワードプレス入稿方法
  ウェブライティングにおける納品方法
  そもそもワードプレスって?
  ワードプレスを操作するために必要なもの
  ウェブライターのためのワードプレス使い方
第三章 ウェブライターとして最低限おさえておきたい「見直し」の方法:校正と推敲
 ていねいな「見直し」で信頼度をあげる
 見直しの頻度とタイミング
 見直しでチェックするべきポイント
  誤字脱字がないか
  読点「、」の使い方
  表記のゆらぎ
  意味が重複する表現
  文のねじれ
  同じ接続詞の連続
  同じ表現の連続
  同じ語尾の連続
  まわりくどい表現
  口語表現を文章体へ
  意味が把握しにくい文はないか
 ていねいな見直しが文章力アップへの近道!


副業ウェブライターで稼ぐ!確実に仕事を取るための案件別マニュアル: ライターは稼げないと辞めてしまう前に読む本

コメント

タイトルとURLをコピーしました