家庭菜園で野菜作り:自給自足のすすめ: 自家菜園は暮らしのセーフティ~コロナ禍に負けないために【壮子著】

監修本

東日本大震災、新型コロナウイルス大流行、大型台風、大雪といった天災が立て続けに発生し、物資や食べ物が店に行っても手に入らない。
そのような状況が、何度も発生しました。

まだ、局所的なものではありますが、これは警鐘とも受け取れます。

労働力不足も懸念されていますし、今後の日本は、お金だけを持っていても、モノが手に入りにくくなる時代が来るのではないかと、私は考えています。

そこで、なるべく多くの人が、ごく小さな菜園でも「農」に携わることが大切なのではないかと思うのです。

プランターひとつでもかまいません。
非常食や懐中電灯を備えておくように、菜園を持って野菜をいつでも備えておくことが、「暮らしのセーフティ」になります。

私は、中山間地で農薬や化学肥料に頼らない小さな農業を本業としています。

家庭菜園の延長のような畑です。
その経験を活かして、誰でもお金をかけず、カンタンにできる野菜の育て方を紹介したいと思います。

「なぁんだ、これならできる!」と思われたら、ぜひ、鍬を手に取って一歩、畑に足を進めてみてください。

目次:
はじめに
第一章 土づくり
第二章 畝を立てる
第三章 オススメ農具
第四章 春のオススメ野菜
第五章  夏のオススメ野菜
第六章 秋のオススメ野菜
第七章 自家採種のすすめ
第八章 農家の台所(オススメレシピ)
第九章 余った野菜を売る
おわりに


家庭菜園で野菜作り:自給自足のすすめ: 自家菜園は暮らしのセーフティ~コロナ禍に負けないために

コメント

タイトルとURLをコピーしました